​代表のご挨拶

​ 磐城土建工業の名前の由来は、創業者である父の出身が福島県の磐城市(現いわき市)

であることから名付けられております。

 磐城市は炭鉱の町であることから、石炭を販売し、その後本社を東京に移し、

軽油を販売し、現在の一般土木工事業を営んでおります。

 石炭から軽油に変わったように時代が豊かになり、当社は一般土木工事業社として社会の

インフラ設備を作ってきました。

 その中でも、当社の一番の強みは「誠意」「社員の人柄」「仕事の丁寧さ」だと思っております。

その三つを柱とし、100年続く会社へと躍進して参ります。

                                   代表取締役社長 鈴木 一也